第16回業務用市場経営実務セミナー

2020年1月29日(水)に「第16回業務用市場経営実務セミナー in 東京」が東京で行われました

第16回業務用市場経営実務セミナー
~3年ぶりのセミナー開催~

開催概要

日時  2022年6月29日(水)10:00~17:00
定員 先着50名(会場参加者)
(会場での参加のみとなりました。)
会場 東京国際フォーラムG402(有楽町駅徒歩1分、東京駅徒歩5分)

参加費 会場参加者  :¥24,000/1人(テキスト代、昼食代含む)

※事前のお振込みをお願いします。
※お支払方法は下欄をご参照願います。
※業改協・会員登録(無料)をお勧めしております。(会員特典:セミナ―参加費の割引、コラムなどが閲覧可能となります。)
ご入会につきましては以下ホームページをご覧ください。

■業務用市場改革推進協議会(業改協) 会員制度のご案内 https://gyokaikyo.com/kaiinseido/  
■「酒奉行の会」                               会員制度のご案内  https://dsinnov.net/sakebugyo/   

主催 業務用市場改革推進協議会
共催 株式会社流通システムイノベータ
後援 三菱電機ITソリューションズ株式会社

セミナープログラム

時間 講演内容 講演者
9:30~ 受付開始 ———-
10:00~
11:00
■ウィズコロナ・ポストコロナ期の酒類業界の変化と基本的対応策
コロナ禍での酒販業界は今、どう変化しつつあるか。
ビール系飲料他酒類全般に及ぶ値上げの動きを踏まえ、市場はどう変化していくか。
さらに、ポストコロナの酒類業界の変化の方向と変化への基本的な対応策を検証します。
株式会社
酒文化研究所 第一研究室長
山田 聡昭 氏
11:00~
12:00
■コロナ禍で流通業界はどう変わり、今後、どうなっていくか。
食品、酒類全般に及ぶ末端価格の上昇を受け、個人消費の先行きが懸念されています。
厳しい状況下での流通業界の対応はどうなっていくか。
特にポストコロナに向けた新商品開発、業態変化等、流通業界全体の変化を解説します。


日本経済新聞社
編集委員
中村 直文 氏
12:00~
13:00
昼食休憩 ———-
13:00~
16:00
【パネルディスカッション】
■ウィズコロナ期の首都圏市場の現状とポスト
 コロナ期の業務用酒販業界はどう変化していくか
 ―首都圏大手トップが語る激変への対応策は何か―

コロナ前と比較し、現在の売上状況はどうか
・得意先料飲店の変化とこれから望まれる
 業務用酒販業者の役割は何か
・物流コスト上昇への対応をどうしているか
・激変した居酒屋業界への今後の対応は?
・M&A、業界再編等、業界の構造変化は進んでいくか等、ウィズコロナ、ポストコロナ期の業界の現状と将来を徹底的に討論します。
ご質問用紙をもとにパネリスト3名へのご質問も承ります。

(14:15~14:45)
休憩
(質問用紙作成・回収を挟みます。)
パネリスト(五十音順)
■株式会社 榎本
常務取締役
営業本部長
榎本泰幸 氏

■株式会社 小倉
会長 小倉 豊 氏

■株式会社 谷口
代表取締役
谷口 祐一 氏
 
モデレーター
■株式会社 流通システムイノベータ
代表取締役
吉田 豊
16:00~
17:00 
■物流高騰の波はどう推移し、これからどう変化していくか
インフレ傾向が強まりつつある今日の状況をどう捉えるか、さらにポストコロナへ向けた物価動向はどうか。近著「物価とは何か」(講談社刊)を踏まえながら、今後の物価の動きを詳述します。
※セミナー会場にて「物価とは何か」(著者のサイン入り)を販売します。
東京大学大学院経済学研究科教授 
渡辺 努 氏

■株式会社酒文化研究所 第一研究室長 山田 聡昭 氏
1963年埼玉県生まれ。武蔵大学卒業。マーケティング企画会社を経て、1991年(株)酒文化研究所の設立に参加。酒類業界専門のコンサルタントとして活動するほか、一般向けのコラムも執筆。他に全国酒類業務用卸連合会(業酒連)研修テキストを共同執筆している。

日本経済新聞社 編集委員 中村 直文 氏
1989年金沢大学経済学部卒、同年日本経済新聞社入社。産業部、商品部、
大阪経済部、札幌支社編集部などを経て、2014年4月日経MJ副編集長、
2016年4月編集委員兼日経MJ編集長、2019年から現職。

株式会社酒文化研究所第一研究室長 山田 聡昭 氏
1963年埼玉県生まれ。武蔵大学卒業。マーケティング企画会社を経て、1991年(株)酒文化研究所の設立に参加。酒類業界専門のコンサルタントとして活動するほか、一般向けのコラムも執筆。他に全国酒類業務用卸連合会(業酒連)研修テキストを共同執筆している。

東京大学大学院経済学研究科教授 渡辺 努 氏
昭和57年3月東京大学経済学部経済学科卒業
昭和57年4月日本銀行(営業局、信用機構局、調査統計局)
平成4年3月ハーバード大学ph.D(経済学専攻)
平成11年4月一橋大学経済研究所助教授
平成14年1月同教授
平成23年東京大学大学院経済学研究科教授

※当日講演内容が変更になる場合がございますので予めご了承願います。